会社立ち上げの握手

話題のQ&A

責任範囲について

"会社設立をしようと考えています。その上で、会社によって有限責任と無限責任というタイプがあるということがわかりましたが、どういうものかよくわかっていません。詳しい方がいらっしゃれば…

詳細を見る

公開性・非公開性

会社設立するにあたって、公開性の会社と非公開性の会社があるようですが、どういった違いがあるのでしょうか?会社設立に詳しい方がいれば、わかりやすく教えてほしいです!ベストアンサー公開…

詳細を見る

メリット

会社設立をすることのメリットとしては、どういったことが挙げられますか?ベストアンサー会社設立のメリットとしては、なんといっても信用性が向上するという点ではないでしょうか。やっぱり、…

詳細を見る

事業経費

やっぱり、会社設立するのと個人事業のままとでは、事業経費の認められる範囲って全然違うんですか?ベストアンサーそりゃあもう全然違いますよ。やぱり、個人事業の場合は、会社よりも経費面で…

詳細を見る

会社の特徴について

何か、事業を始める際、個人事業よりも会社設立をしたほうがさまざまなメリットがあります。
そのため、多くの人は事業を始めるにあたって、まず会社設立をするという人が多いです。
これから、会社設立をしようと考えている人は、準備進めていく前に会社の特徴について把握しておくのが良いです。

会社設立といっても、会社にはさまざまな種類があります。
その種類としては、全部で4種類あり、それは合名会社・合資会社・合同会社・株式会社の4種類になります。
このほかにも、有限会社という種類もありますが、これに関しては現在新規で設立することができなくなっています。
これら、4種類の会社の違いとしては、主に出資者の責任の範囲に加えて会社に公開性があるか否かというところにあります。

事業に参加するために、会社に出資している人のことを出資者と呼びます。この出資者は、法律では社員という呼び方をしています。
なので、会社設立をする上で出てくる社員という言葉は、一般的に使用されている「従業員」という意味ではありません。
ここでいう社員とは、出資者のこと指すという点を頭に入れておくとスムーズに設立準備を進めていくことができるでしょう。

簡単な基礎知識としては、出資者の責任範囲には大きくわけて有限責任と無限責任というタイプがあります。
また、会社の性質として、公開性の会社と非公開性の会社があるという点も頭に入れておくと良いでしょう。